公益財団法人 全日本軟式野球連盟より

グラブの取り扱いの改訂について通知があったとメーカー様から情報が入りました。

平たく言うと、投手以外のグラブの仕様について主にデザイン面でのかなりの規制

の緩和がありました。ここ数年カラーグラブや柄ものの派手で個性的なグラブが

登場しており、それが人気であるので認めます!ということでしょう。ただし、

投手用はまだまだ規制が厳しく、今後の緩和が期待されます。これで少しでも

草野球の裾野が広がればいいと思います。硬式はまだまだ規制だらけです!

 

          ↓  下記がテキスト内容と通達文です  ↓

 

「競技運営ならびに競技者等の安全面に支障がない」と判断し、
また、「軟式野球の競技性」から使用を認めることとする。①~③

 

    グラブの商標(ラベルやマークのことだと思います)の大きさと数(グラブのどの箇所にどう

付いていても、また個数も)については、規制しないこととする。

 

    背番号、個人名、チーム名等を刺繍で付することについては野球規則に記述がなく、

またプレイには支障がないと判断し、本連盟では色・大きさ共に制限しないこととする。

 

    柄模様の野手用グラブについて

野手が使用することを認める。なお、投手は柄模様のグラブは使用できない。

 

比較対象として投手用とそれ以外のグラブについての表です     

スキャン_20230211