お正月も松の内を過ぎて、人々の動きや流れも本格的に通常モードへと突入し、お店やネット買取り

も含めまして少し落ち着いた感じがします。現在から2月末までが1年でも静かな時期となります。

買取りに関しましては新品から長年に渡りご愛用し続けた年季ものまで、いろいろな状態のグラブ

が入荷しますが、年期ものはメンテナンスが必要となります。毎日、再生工房ではグラブさんたちの

再生施工の順番待ちの行列が出来ております。しっかりと使える状態での再デビューが基本です。

P1070973
 

弊店は買取り店ですが、あくまで、【売りたい方】⇔弊店⇔【買いたい方】の双方のお立場を尊重しつつ、

気持ちよくバトンタッチさせて頂く為のパイプ役であり影のキューピット役であると考えております。

ですので、『買取り』をさせて頂いたグラブの所有権はお店の物である(当然ですが)ので、あとは

煮る・焼くは勝手でございます!という思想は御座いません。いかに次に使われる方が安全に快適に

満足してご使用出来るか!に重点を置いております。その為の再生施工なのであります。

 

こうやって、ヘリ革を全交換したり裏革を取り替えたり指袋の製作、交換に至るまでのグラブ

リペアにかかわることによって、自分たちの技術の向上も目指しており、まだまだ修行の身で

ありますが、お客様にも適切なアドバイスをお伝えできる様、日々頑張っております。グラブや

バットにつきましてのご質問やご相談はお店にて何なりとお申し付け下さい。

宜しくお願い致します。

 

PS:

ちなみに、グラブのオーバーホールにつきましては、このリペア作業とはまったく別の施工となり

まして、専門の工場で専門の職人さんにやってもらうよう依頼致します。ですので、かなり

本格的となり、革の染色までも含まれますので、それなりに費用もかかってまいります。

ユーチューバ‐の『カズローさん』が動画紹介をしました関係上、(ここの工場の職人さんは私の

グラブの師匠でありまして、カズローさんにこちらの工場をご紹介させていただきました)

現在はおかげさまで注文が殺到しており、オーバーホールの施工完了までに2ヶ月ほどお時間を

頂いている状況でございます。