本日、今後のグラブ仕入れ先としてお付き合いが始まる『アップセット』さんが広島から

ご来店されました。ギョウカイの現状をさらに詳しくお聞きすると【やはり思っていた事】が

より鮮明に浮き彫りになり、コレはどうしたものか。。。。。と唸るばかりなのであります。

 CIMG1355

そもそも『アップ セット』さんはアメフトやバスケット関連のアパレルが中心となって製造・

卸をしていたメーカーさんです。そこで広島・カープのプロ野球選手のアドバイザリー契約が

きっかけとなって野球の方にも広がっていった経緯があります。これは3年ほど前にさかのぼる

そうで、弊店と同じ時期に立ち上がった新規メーカーさんなのです。野球関連を段取りするスタッフ

は約2名で、今は家に数か月も帰ることが出来ないほどの忙しさでどうしようもないそうです。

ここのメーカーさんは野球を知らない素人軍団で【少し大げさかもしれませんが】、自由な発想で

自由な販売方法をとっておられ、素人さんであるからこそ、怖いモノ知らずでイケイケでも

あるのです。

 

さて、より鮮明に浮き彫りになったこととは、大手メーカーさんをも凌駕するほどの人気が

個人メーカーさんに集中してきた、ということで、その人気ぶりは数か月も待ちが出るほどに

製造が追いつかない状態であることです。これは個人~数人の小規模メーカーさんに見受けられる

パターンで、いろいろなメーカーさんがたくさん花開いた感じなのであります。

 

今回お越しいただきました営業の方(顔出しNGだそうです)は全国の野球ショップさんからの

営業依頼があと70件も残っているそうで、回り切れないし、商品の供給もなかなか追いつかない

そうで、しかも積極的な営業をしたことがなく、勝手にどんどんと注文が入る状態で、

段々と収集がつかなくなるほどの人気ぶりなのであります。確かに細かなトコロに注目するとやはり

基本的にはいいモノを造る、こだわる革もある、なかなか他メーカーさんにはマネ出来ない

グラブづくりの神髄とポリシーをおもちであります。

 

今まで、大手メーカーさんのOEMとして頑張った影の立役者が、そのうち、アウトソーシング

とやらで海外生産に移行し仕事が先細る中、これからは1人立ちして日の目を見るいいチャンス

です。コダワリ職人の逆襲なのです。みなさん。頑張ってください。そして球児先生もそんな素敵な

グラブを取扱いたいです。ぜひお声掛け下さい。よろしくお願いいたします。