野球用品店・球児先生日記

大阪・梅田にて野球用品の買取・販売の専門店 球児先生の管理人です。

野球用品店・球児先生日記 イメージ画像

更新情報

買取りをさせて頂いていると、いろいろな事情で野球用品をお売りになられるお客様がおられます。別にあやしいブツを捌くワケではありませんし、弊店も健全な買取りをしておりますが、マニアの方も多く、マニアっくなグラブを取扱いさせて頂くこともあります。グラブをオーダ
『ほんの数時間で売れてしまうお宝とは。』の画像

意味がわからないですね。『30年という経年数を重ねた新品・未使用品』と『5年以内の経年数だけど集中的に使用した中古品』を分かり易く具体的に数字を入れて比較してみました。『例えば、仮に』なのでケースバイケースです。異なる状況も多々ありますので、お含みおきくだ
『古い新品VS古くない中古!?』の画像

梅雨です。毎日がじめじめしていて湿気が多くまとわりつくこの季節、野球の練習もグラウンドではコンディションも悪く大変です。さて、何度かこんな時期のグラブメンテナンスをご紹介してきましたが、改めて『濡れたグラブをどうするか?』について弊店独自のやり方をご紹介
『濡れたグラブをどうするか?特別編』の画像

アメリカからグラブが届いた。つい先日はアメリカのグラブマニアの方から30個ほどお売り頂き、これで合計50個ぐらいのUSAグラブが入荷したことになります。海外製のグラブにつきましては一般的には『軟式』が存在しませんので、硬式かソフトになってしまいますが、価格・質を
『アメリカからのグラブ』の画像

もうすぐ3歳。お陰様で皆様にささえられて『なんとかかんとか』、『どうにかこうにか』やってこられました。現在で2年と11ヶ月です。こんな短い中ではありますが、いろいろと勉強することばかりで、まだまだ半熟・未熟です。グラブに関する知識はもともとゼロでグラブを釜で
『もうすぐ3歳』の画像

韓国のソウルでは明洞という街に滞在をしました。兎に角、人・人・人で感覚的には大阪のミナミの街が10個ぐらい集結している感覚です。よくよく考えてみるとかなりの都会で、東京と同じなんだと改めて思いました。全ての機能を首都に集約させていて、ソウルの人口は1.000万人
『韓国訪問 都会滞在編』の画像

韓国へ行ってきた。初めての訪問国で、私にとっては近くて遠い国でした。ただ、お客様は韓国からたくさん足をお運び頂きますので、野球文化や野球道具も知っておかねば、と思っていて『いっちょ、行ってきたろうかぁー』と行動を起こした次第です。野球ショップもたくさん回
『韓国訪問 プロ野球観戦編』の画像

クーニンさんより買取りさせて頂いたグラブは店頭にて展示しております。お店にご来店のお客様はクーニンさんのことを話題にされて、店頭に飾っている(非売品です!)スラッガーのグラブの匂いを嗅いで、手を入れてニヤニヤとしながらそのグラブの写真を撮って帰られます。
『クーニンさんがやってきた②』の画像

ユーチューバ‐という職業は今となっては立派な職業として認知され、子供たちが憧れ、将来なりたい職業のベスト10ぐらいにまでランクアップしている。しかし私から見たこの職業、どれだけ大変でどれだけの人間が成功出来るのか察しはつく。東大に入学できるかプロ野球選手と
『クーニンさんがやってきた①』の画像

修理工房との打ち合わせ・研修の為にここ1週間は東京へ行っていた。まだまだ球児先生は修行の身なのでたくさんのことを勉強して吸収しなければならないのです。そんなことでブログの間隔はあいてしまっていますが、相変わらずなのです。 その傍ら、東京都内の野球ショップを
『東京めぐり』の画像

↑このページのトップヘ