野球用品店・球児先生日記

大阪・梅田にて野球用品の買取・販売の専門店 球児先生の管理人です。

野球用品店・球児先生日記 イメージ画像

更新情報

深夜にいきなりクーニンさんから電話が入りました。彼はいつも突然です。うちの『グッチ』こと山口大輔さんというものが明日、お店に伺いますので、よろしく、ということでした。失礼ながらグッチさんて。。。。誰?という第一印象です。そして目的は?。。。。とにかく、お
『クーニンズのグッチさんと緊急告知』の画像

世間からは野球の『や』の字も聞かなくなった本格的オフシーズンに突入して、弊店におきましてもめっきりとご来店のお客様は少なくってきました。この11月が恐らく2018年で一番売り上げも芳しくない月であります。しかしながら裏方ではこの11ヶ月内では一番忙しい月となりま
『残りあと1ヶ月なのです』の画像

本日、今後のグラブ仕入れ先としてお付き合いが始まる『アップセット』さんが広島からご来店されました。ギョウカイの現状をさらに詳しくお聞きすると【やはり思っていた事】がより鮮明に浮き彫りになり、コレはどうしたものか。。。。。と唸るばかりなのであります。 そも
『『アップ セット』さんが広島からやってきた』の画像

ここ1-2ヶ月は野球もシーズンオフとなってなんとなくお店自体も落ち着いてきた感じがあるので、このタイミングでいろいろなメーカーさんや他のお店の売り方から革屋さん、タンナーさんなどお尋ねしては勉強をしている最中なのです。 そんな中、お店に関しては傾向と今後のな
『どっちだ!2パターンのお店の経営方針と考え方』の画像

現時点でのお店の商品構成は中古50%・新品が50%で半々ぐらいではないかと思います。買取りをやっているので中古専門店だと思われがちですが、買取りばかりに偏ってしまうとどうしても季節や状況に左右されてしまい、安定しないのです。そこで、グラブメーカーさんとのお付
『TEPPENさんのグラブです』の画像

経年を重ねたグラブはどうしても染まっていたカラーがだんだんと薄くなってきます。特に発色が良かったいい色はくすんでしまって何やら年をとってしまった感じが否めません。そこで、元気ハツラツにピカピカに蘇ってほしく、たまにですが気合を注入する為に染色することがあ
『革を染める』の画像

丹波篠山のさらに奥地である深山幽谷に踏み込むとそこにはベースボールパラダイスが存在した。兵庫県柏原地方に野球専門店であるタグチスポーツさんがこの地に根を下ろしているのです。実は以前からその破壊力のウワサは聞いていたのだけれど、なかなか訪問する機会がなく、
『丹波の国に名店『タグチスポーツ』があった』の画像

今回ご案内するお話は摩訶不思議な球児先生だけの都市伝説みたいな物語で、フィクションではなく、現在進行形で起こっている実話なのですぅ~。ちょっと理屈が合わなくて不気味ではあったりします。それは、何回販売してもいつの間にか戻ってくるグラブとバットなのです。戻
『都市伝説・・・お帰りグラブとバット』の画像

10月1日です。昨日の台風は皆様も大変だったことと思います。大丈夫だったでしょうか?24号にコテンパンにやられてしまって、少し身構え過ぎた感は否めませんが、速度が速かったこともあって、なんとか無事にやり過ごせました。被災された方におきましては心よりお見舞いを申
『台風24号現る!』の画像

グラブの流通の仕組みはここ1-2年でとうとう未来へ向けてメーカー主導で固まってきた。弊店が球児先生をオープンした3年前はそうでもなかったがとうとうグラブがすぐには手に入らなくなってしまったのだ。というのは、グラブを仕入れる場合は完全予約制となってしまい、予約
『展示会=注文会(あとでは無理よ)』の画像

↑このページのトップヘ